空と海のまにまに。

雲のように。波のように。流れに身を任せて。

道後温泉のすぐ近くでおすすめ!絶品の鯛めしを食べられる愛媛で有名な「秋嘉(あか)」の新店舗に行ってみた!

愛媛と言えば「みかん!」と言われるほど、愛媛のみかんは美味しいことで全国的にも有名ですよね!

 

ですが、愛媛にはもう1つ有名な美味しい食べ物があります。

それが「鯛めし」。

鯛めしは愛媛県民のソウルフードと言っても過言ではないくらい、愛媛県民に愛されているんですよね。

 

鯛めし自体にも2つの種類があります。

それが、「松山鯛めし」と「宇和島鯛めし」です。

 

松山鯛めしとは鯛を炊き込んだご飯とともに味わう食べ方です。

一方で、宇和島鯛めしとは刺身で食べる食べ方のものです。

 

基本松山鯛めしか宇和島鯛めしのどちらか一方を扱っているというお店が多いのですが、今回実際に行った鯛めしのお店「秋嘉(あか)」はどちらも取り扱っており、複数人で行けばどちらの味も楽しむことができるお店です。

 

ここからは、実際に行って食べてみたのでその様子を伝えていきます。

 

 

 

秋嘉へのアクセス

今回行った「秋嘉」は元々愛媛では有名なお店です。

皆さんは「秋嘉」と調べると、大街道沿いにある店舗が検索結果に出てくることでしょう。

ですが、実は「秋嘉」はもう1店舗存在するのです!

それが、「秋嘉」の道後店です。

2019年の12月26日に新店舗としてオープンしていました!

 

道後温泉駅の目の前にある道後温泉商店街入り口の左手側にあります。

愛媛で栽培されている様々な種類のみかんをジュースやお酒として楽しめるお店、10FACTORYの隣にあります。

 

本当に商店街の入り口にあるのですぐに分かります。

新店舗はまだグーグルマップに記載されていません。

 

道後温泉駅から1分も歩かないぐらいの場所にあります。

このお店は愛媛にある鯛めし店の中でもかなりの有名店で、大街道沿いのロープウェイ商店街にある既存店では、お昼時には毎度長蛇の列が出来ます。

ですが、今回行ったお店は道後温泉の道後商店街にできた新店舗であり、ネットに情報も少なくまだ知られていないのか人が少なかったです。

 

  

秋嘉に実際に行ったので食レポ

「愛媛旅行といえば道後温泉だ!」ということで、道後温泉の近くに宿の予約を取り、宿に着いたのが13時頃でした。

 

鯛めしのお店として、インスタでも口コミでも有名な「秋嘉」に行きたかったのですが、下調べをしていなかったので宿に到着してから調べたところ、大街道の近くだと判明(この時点ではネットに情報は大街道店しかなかった)しました。

 

道後温泉から大街道までは少し距離があり、宿への到着が13時30分頃だったので、時間的にもお腹の空き具合にしても大街道付近まで行くのは諦めざるを得ない状況でした。

 

別の店舗にしようかと思い、宿から道後温泉駅の方面へ歩いていき道後商店街で鯛めしが食べれるお店を探そうとしたのですが、商店街入り口付近でなんと「秋嘉」を発見!

 

f:id:kyatap4869bf12:20200113182250j:plain

見てみると12月26日オープンと書いてありました。

 

私が行ったのは12月27日だったので、オープンから1日しか経っていませんでした。

かなりラッキーなタイミングでしたね。

運が良かったです。

 

お昼時を少し外したこともあってか人は少なく、すぐに入ることができました。

店内にも数組しか客がいなかったので、とてもスムーズに注文も通りました。

店内は新店舗ということで綺麗で清潔感のある内装でした。

店員さんはとても愛想が良く、気持ちの良い接客をして下さいました。

 

f:id:kyatap4869bf12:20200113182016j:plain

こちらがメニューです。

 

私は松山鯛めしの秋嘉オリジナルを注文。

お値段は1,840円でした。ランチにしてはお高めでしたが、旅行で来ているし、美味しいのなら出し惜しみはしません。

 

15分ほど待ったでしょうか?

食事が到着しました。

 

f:id:kyatap4869bf12:20200113182127j:plain

出てきてびっくり!

かなりボリューミーな内容でした。これはお腹いっぱいになります。

 

まずはお味噌汁から頂きました。

優しい味で飲みやすく、美味しいです。

 

鯛の刺身は今まで食べた鯛の中でもトップクラスだと思えるほどの美味しさで、コリコリとした歯ごたえと鯛特有の甘みを感じられるものでした。

 

そして、メインの松山鯛めしへ。

鯛の身は柔らかくほぐれており、豊かな香りとともに口の中いっぱいに広がりました。

味付けは濃くもなく薄くもなくちょうど良いと思いました。

とても美味しかったです。

 

同行者が天然鯛の鯛めしを注文していたので一口もらいましたが、味付けはこちらのものに比べ少し柔らかく優しくより上品な感じでした。

 

松山鯛めしの食べ方は、3種類の食べ方の指南書のようなものがありました。

記載に従い、まずはそのまま食べました。

次にもろみなどの薬味をのせてパクり。これがまたうまい!

そして最後はお茶漬けにして食べました。

このお茶漬けの出汁が美味しいのなんのって。

優しさの中にもしっかりと芯のある、そんな出汁でした。

 

私はお茶漬けで食らう松山鯛めしが1番美味しいと思いました。

最後にこのお茶漬けの出汁に海苔を入れて出汁汁にして飲むスープが美味しかったです。

添え物の天ぷらや漬物も美味しく、とても満足のいくランチでした。

 

 

秋嘉の新店舗情報

今回行った秋嘉道後店の店舗情報については以下の通りです。

店舗情報
  • [住所] 〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町12-34
  • [営業時間] 11時から14時30分、17時30分から22時(ラストオーダーは30分前)
  • [定休日] 不定休
  • [電話番号] 050-3469-4189

 

 

最後に

鯛めしで有名な愛媛で、秋嘉に立ち寄らせていただきました。

 

今回、私は松山鯛めしを食べましたが、他にも「宇和島鯛めし」「鯛そうめん」と愛媛ではよく食べられている有名で美味しいものがありました。

 

私とともに旅行していた友人は「宇和島鯛めし」を食べていましたが、醤油や生卵とともに生の鯛を幸せそうにかき込んでいるのを見て、次回来た際にはぜひ食べたいと思いました。

 

愛媛の松山周辺に行く機会がある場合にはぜひ立ち寄ってみると良いでしょう。